ネジ穴に残った折れたボルトの除去方法 解説

さて整備や修理をしていると

ボルトを締め過ぎたり、何らかの原因で

ボルトが折れてしまう事が有ります。

 

こんな時はネジ穴の中にボルトの先端が残ってしまい

取り出す事は容易では無いように思えます。

 

早速ネジ穴に残ったボルトの先端の除去方法を解説します。

 

まずは用意する工具は電動ドリルと

延長コードリールです。

そして恐らくは殆どの方が使ったことが無いであろう

直径1ミリ程度の極小ドリルの刃を用意します。

ドリルの刃が薄いのでステンレス製になります。

これをドリルに装着します。

そして鉄くずが出るのでバイクを養生します。

それでは早速ネジ穴に残ったボルトの先端の

除去作業を開始します。

 

ボルトに慎重にドリルで穴を開けます。

ドリルの刃を真っすぐに当てないと

刃が折れてしまうので注意しましょう。

 

こんな感じで穴が開きます。

次にもう一ヶ所穴を開けます。

はい2ヶ所の穴が開きました。

そしたら2か所の穴の間を

ドリルで削っていきます。

 

そうすると

2つの穴が1つの直線の穴になります。

 

そうしたらマイナスドライバーを突っ込みます。

グイッと回せば……。

はい、出てきました。

後はペンチ等で回せば……。

どんどん出てきます。

はい、取れました。

元のボルトはこんな感じです。

傷一つつかずに無事ボルトの先端を除去する事が出来ました。

 

まあ実際には折れたボルトの状況によって

様々なケースが有るのでこれはあくまで一例です。

 

例えば残ったボルトがあまりにも強いトルクで

締まっている場合は

マイナスドライバーでは回らない事も考えられます。

 

その際はマイナスドライバーの後ろをハンマーで叩いて

折れたボルトに圧着させた状態で

今度はマイナスドライバーをモンキーかプライヤーで回します。

 

それでもダメな場合は無いとは思いますが

 

本当の最後の手段はやはりボルトと同じくらいの

ドリルの刃でボルトとネジをそっくりこわしてしまい

一回り大きなネジを新たに切る方法です。

 

ただこれもネジ穴が貫通していないとできないので

本当にケースバイケースです。

 

 

コスパ最強の全化学合成エンジンオイル

▼KSR、Z125等ストリート用

 

 

▼グロム、モンキー、カブ等

 

 

サーキットも大丈夫!高性能オイル!

▼ニンジャ250、400、650、1000等

 

 

▼CBR250、CB400SF、CB1300、CBR1000RR等

 

 

強い油膜で高温時のエンジンを強力に保護して熱ダレを防止!

スーパースポーツでのサーキット、ロングツーリング等

▼ニンジャH2等

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)