KSR チェーン交換 解説 2

チェーンスプロケットの取り外しと

消耗具合の確認が終わったので

 

スプロケットを組みなおして

新しいシールチェーンを取り付けます。

 

▼前回の記事はこちら

KSR チェーン交換 解説 1

 

早速スプロケットチェーンを通します。

 

次にジョイントピングリスゴムリングを装着します。

ピンの周りにグリスをたっぷりと塗布します。

そこにゴムリングを入れます。

さらにゴムリングの内側とピンの間に

グリスを多めに塗布します。

 

その状態でチェーンに接続します。

チェーンを接続したら先程と同じ様に

ピンの周りにたっぷりとグリスを塗布します。

次にゴムリングピンに入れて

ピンとゴムリングのスペースに、再度グリスをたっぷりと塗布します。

最後にピンの上からプレートを装着します。

このシールチェーンセミクリップ方式なので

簡易的カシメを行う必要が有ります。

 

本来はカシメ工具を使うのが1番良いのですが

ウォーターポンププライヤーで代用できます。

かなり力を入れないとプレートピンが圧入されません。

コツは左端、真ん中、右端の三か所を

それぞれ別々に挟む事です。

 

ピンのクリップは入る溝が見える所まで

圧入できればクリップを入れます。

クリップの向きに注意してください。

チェーンの進行方向側

クリップの口が開いていない側です。

ドライブチェーンの装着完了しました。

 

 

 

最後にチェーンのたるみを調整します。

 

やり方はまず後輪のアクスルナットを緩める為に

割りピンを取り外します。

 

割りピン

割りピンの足をペンチで真っすぐにして

引き抜きます。

 

そしてメガネレンチアクスルナットを緩めます。

後輪のアクスルナットを緩めたら

この2か所チェーンアジャスターナット

締めていくと、チェーンが締まっていきます。

 

反対にナットを緩めるとチェーンが緩んでいきます。

チェーンたるみ量は車種によって違うので

詳しくは自分のバイクのたるみ量を確認してください。

 

KSRの適正たるみ量は(10~25mm)です。

 

▼ 詳しいチェーン調整の方法はこちら

チェーン調整 解説 ミニバイク偏

 

チェーンの調整が終了しました。

次にスプロケットカバーを取り付けます。

初めて知ったのですが

このスプロケットカバーにはチェーンガイドと

ダンパー機構が備わっていました。

万が一チェーンが緩んで外れそうになったら

この金属製のガイドでチェーンの脱落を防止する訳です。

 

しかも取付ボルトには

ゴムダンパーが前後に装着されています。

こんな小さいバイクでも

細部までしっかりと作られていると感じました。

 

これでドライブチェーンの交換が終了しました。

 

ちなみに今回ノンシールチェーン

13000キロで交換となった訳ですが

 

シールチェーン2万~4万キロは持つので

もう交換する日は来なさそうです。

 

ちなみに調べてみたところ

このクラスで最強の強度を誇るのは

RKのゴールドとブラックタイプです。

 

▼リンク

ゴールドシールチェーン420/100

ブラックシールチェーン420/100

 

メッキを施した後に電着コートを施して

二重の徹底した表面処理により

究極の防錆効果を発揮しています。

 

他社の場合は520以降のサイズでは

メッキ処理を施したラインナップが有るのですが

 

420サイズのシールチェーンでは

メッキ処理のラインナップが有りません。

 

メッキ処理はチェーンの錆を協力に防ぐので

メンテナンス頻度が大幅に減るのでとても重要です。

 

恐らくメッキタイプなら雨ざらしの状況を除いて

年に1度のグリス塗布で十分でしょう。

 

 

▼関連記事はこちら

チェーン調整 解説 ミニバイク偏

チェーン調整 解説 大型バイク偏 1

実はシールチェーンはほぼノーメンテで良い

シールチェーンの構造 解説

ノンシールチェーンとシールチェーン比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)