タイ チェンマイ ツーリング 1 バイクレンタル偏

さて今回は人生初海外ツーリングをします。

 

場所は微笑みの国タイ ‶ です。

 

 

今回はタイの首都はバンコクですが

今回ツーリングする場所はバンコクから600キロ北に位置する

チェンマイを舞台にツーリングします。

 

 

今回使用するバイクは

YAMAHAMIOです。

MIO はアジア向けに販売されている

ヤマハのスクーターです。

(※日本では未発売)

 

MIO のエンジンは

水冷単気筒 125ccです。

 

詳しいスペックは解りませんが、水冷式とトルクの立ち上がり方からすると、

OHCの4バルブエンジンと思われます。

 

 

ヘッドライトは2眼タイプでカッコいいです。

スクーターなのに、スポークホイールを履いているのに

日本人からすると、とても違和感が有りますが

これが基本アジア仕様です。

アジアの道は凸凹している所や、未舗装路が多いので

ホイール事態にクッション性を持たせる為です。

 

日本ではスポークホイールはオフロード車か、旧車位ですね。

そしてこの MIO 125ccにしては

驚く程タイヤが細いです。

KSRよりも細いタイヤです。

幅は90位です。

 

ちなみにアジアのバイクは価格も安い為か、足回りは必要最低限というモデルが多いです。

 

特にMIOの様に通勤などの、足として使われるスクーターはサスペンションも小さいです。

 

 

フロントブレーキディスク仕様

フロントフォーク正立式

インナーチューブはかなり細いです。

30以下です。

 

リヤブレーキはドラム式

リヤサスペンションはシングルタイプです。

という訳で、MIOは

エンジンは水冷式で元気に回るパワフル仕様

足回りは貧弱なスクーターという事が出来ます。

 

 

といっても別に街乗りする分には十分で、何の問題も有りませんが。

 

 

逆に言うとKSRが、いかに足回りが奢られた装備を持っているかがわかります。

(現在の日本では平凡です)

 

 

このバイクはレンタルバイクショップで借りたバイクです。

 

料金は1日200BAHT

日本円で720円(※1BAHT=3.6)

 

レンタルの際はパスポートを預けるか、1万BATH程度のデポジットを渡します。

お店によってはパスポートのコピーのみで良い所も有ります。

 

 

またタイでは日本の免許証では運転できないので、日本の所轄の免許センターへ行って、国際免許証を取得する必要が有ります。

 

国際免許証は簡単に発行してくれます。

 

また注意して頂きたいのは

タイでバイクを運転するには(二輪車小型限定以上)の日本の免許証を所持していなくてはなりません。

(50cc~124cc以上)

 

タイには50ccのバイクは有りませんので、タイでもバイクを運転するには、原付免許では無免許扱いになります。

 

なので、必ずタイ有効な区分の免許証で有る事を確認しましょう。

 

 

ちなみにチェンマイではこういったスクーターの他に

PCXオフロード大型バイク迄借りる事が出来ます。

 

 

以前来た時には、我がバルカンSもラインナップしていました。

 

という訳で

今回はチェンマイ在住の吉田さんと一緒に

ドイ・サケットの天然温泉に行きます。

吉田さんは有名な方で、以前カレン族の村で長年住んでいました。

前回カレン族の村に訪問して、お世話になったのをきっかけに

仲良くさせて頂いております。

 

それではそろそろ出発します。

 

▼ 続きはこちら

タイ チェンマイ ツーリング 2 温泉偏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)