タイのGPX、本国ではインジェクションニューモデルが登場!

2019年日本で発売が開始された

タイバイクメーカーGPX ‶ ですが。

▼ GPXの記事はこちら

タイのGPXが日本で発売決定

タイのGPXは買いか?

 

日本に投入されている3つのモデル

全てキャブレター仕様です。

 

この3モデルが日本投入モデルです。

 

では実際に実車を見てみます。

 

シリンダーとインテークの間を見ると……

キャブレターが在ります。

日本では既にキャブレターを使ったバイクは製造されていません。

※競技用等を除く

 

キャブレターはどうしても、冬場、エンジン冷感時の始動性が弱く

エンジンが温まる迄の間はアイドリングが上がらず、燃焼が不安定です。

 

また晴れと雨、夏と冬、平地と高地等の環境変化にうまく対応しきれず、基本的に環境に対して神経質な性格をもっています。

 

▼キャブレターとインジェクションの違いはこちら

キャブレターとインジェクションの違い

 

しかし本国タイでは既にインジェクション仕様

ニューモデルが発売されていました。

LEGEND 250 TWIN

LEDリヤランプ

倒立フォーク&オイルクーラー

ダブルディスクブレーキ

YSS製ダブルリヤショック

並列2気筒

234cc

6速

重量:154キロ

シート高790ミリ

インジェクション

LEDヘッドライト、デイライト、リヤ

オイルクーラー

倒立フォーク&YSS製リヤショック

フロントダブルディスクブレーキ

 

 

結構本格的な装備となっています。

 

 

まあ肝心のエンジンに関しては、メーカーサイトで見ると

仕様に関しては何の説明もなされていません。

 

他のラインナップから推察すると

普通のOHCのロングストロークエンジンを搭載していると予想します。

 

恐らく馬力は17馬力程度でしょう。

 

正直エンジンに関してはかなり古いタイプのエンジンです。

 

 

日本で言えばエストレヤとかSRという感じです。

 

しかし、これはこれでサーキットを最速で走ると言う様なコンセプトでは無いので、街乗りやツーリングをのんびり楽しむには

十分な性能と言えます。

 

GPXでは初の2気筒モデルなのも面白い所です。

 

正直このスペックだと、わざわざ2気筒にする意味に疑問を感じますが……

 

いずれにしてもGPXが着々と進化しているのを感じます。

 

 

そして驚いたのが価格です!

 

このGPXは、タイ設計タイ生産ですから

当然日本で発売されている価格よりは、安いと想像できますが

どうなのでしょうか?

 

 

という訳で価格を見ていきましょう。

 

 

79500バーツ

286200円

(※1BAHT=3.6円)

 

何と30万円を切っています。

 

 

実はタイ本国ではGPXのバイクは大分安いです。

 

▼ 日本価格

GENTLEMAN200

36万1800円

 

▼ タイ価格

GENTLEMAN200

69800BAHT

251280円

(1BAHT=3.6円)

 

何と10万円以上も安いんですね。

 

 

これだと日本のカワサキ等は価格ではとても対抗できません。

ニンジャ250タイ価格

179500BAHT

646200円

(1BAHT=3.6円)

 

日本では

645000円(税込み)

 

ほぼ同価格です。

 

 

我がバルカンS

タイ価格

293000BAHT

1054800円

(1BAHT=3.6円)

 

日本価格

858000円(税込み)

 

何と!

20万円もタイの方が高いです!

 

 

実はバルカンSタイ生産なんですけど。

 

タイの方が高いというのは不思議です。

 

 

ちなみにH2 SX SE

1090000BAHT

3924000円

(1BAHT=3.6円)

 

日本価格

2442000円

約150万円も高いです!

 

これには驚きです。

 

 

という訳で

今回は現地タイからの情報をお届けしました。

 

 

▼ 関連記事はこちら

タイのGPXは買いか?

 

タイのGPXが日本で発売決定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)