タイのGPXが日本で発売決定

タイのバイクメーカーGPX

いよいよ2019年に3車種の日本投入を決定しました。

GPXは2007年に創業された新しいメーカーです。

 

日本では知られていませんが

タイ本国では何と既に3位のシェアを誇る人気メーカーです。

 

以下タイのバイクシェアランキング2017ー2018

 

第1位 ホンダ 77,43%

第2位 ヤマハ 15.51%

第3位 GPX  1、87%

第4位 スズキ  1.13%

 

GPX第3位と言っても、全体の2%しかありません。

 

逆に言うとタイの二輪市場は、殆どホンダが独占状態と言えます。

 

しかしスズキ、カワサキを抜いているというのは大したものです。

 

という訳で早速日本導入車を見ていきます。

 

 

● LEGEND150S


● DEMON150GR


● GENTLEMAN200


 

 

 

LEGEND 150S

25Wハロゲンランプ

スリムシート

タコメーター付きデジタルメーター

リアランプはLED仕様

フロントシングルディスク

2ポットピストン

 

以下 仕様詳細

 

エンジン:空冷単気筒 SOHC

排気量:149cc

圧縮比: 9:1

最高出力:9.15馬力/8000回転

最大トルク:1.01kg/8000回転

燃料噴射方式:キャブレター

 

フロントサスペンション:正立フォークテレスコピック

リアサスペンション  :ツインショック

フロンントブレーキ:シングルディスク、2POTピストン

リアブレーキ   :ドラムブレーキ

ホイール:スポークホイール

タイヤ フロント 110/90ー17

タイヤ リア   120/90ー17

ヘッドライト:ハロゲンランプ25W/25W

リアライト :LED

シート高 790mm

重量 130kg

最高速度:120キロ

価格:259200円(税込み)


 

 

DEMON 150GR

セパハン

デイライト&ハロゲンライト

LED

 

フルデジタルメーター

 

倒立フォーク&ディスクブレーキ

タンデムシート

 

以下 仕様詳細

エンジン:空冷単気筒 SOHC

排気量:149cc

圧縮比: 9.2:1

最高出力:11馬力/7500回転

最大トルク:1.18kg/7500回転

燃料噴射方式:キャブレター

ギア数:6速

フロントサスペンション:倒立フォークテレスコピック

リアサスペンション:  モノショック

フロントブレーキ:シングルディスク

リアブレーキ:  シングルディスク、1POTピストン

ホイール:キャストホイール

タイヤ フロント:120/70/14

リヤ  :140/70/14

シート高 780mm

タンク容量:8L

ヘッドライト:ハロゲン&LEDデイライト

リアライト: LED

重量 133kg

価格:343440円(税込み)


 

 

 

 

GENTLEMAN 200

 

LEDデイライト

 

倒立フォーク

 

 

オイルクーラー装備

 

フロントダブルディスク&ラジアルマウントキャリパー

 

デジタルメーター

以下 仕様詳細

 

エンジン:空冷単気筒 SOHC、オイルクーラー装備

排気量:197cc

圧縮比: 9.2:1

最高出力:11.5馬力/7500回転

最大トルク:1.34kg/7500回転

燃料噴射方式:キャブレター

ギア数:6速

フロントサスペンション:倒立フォークテレスコピック

リアサスペンション:  モノショック調整機構付き

フロントブレーキ:ダブルディスク、2POTピストン、ラジアルマウント

リアブレーキ:  シングルディスク、1POTピストン

ホイール:スポークホイール

タイヤ フロント:110/70/17

リヤ      :140/70/17

シート高 800mm

タンク容量:12L

ヘッドライト:ハロゲン35w&LEDデイライト

リアライト: LED

重量 160kg

価格:361800円(税込み)

 

 

実はこのGENTLEMAN200には

ハーフカウルを装着させたカスタムモデルがあります。

 

GEGENTLEMAN RACER

 

 

シールド&ハンドルバーエンドミラー

 

 

 

セパハン仕様

 

 

個人的にはこのレーサー仕様がカッコいいと思います。

 

このモデルに関しては日本発売は未定です。

 

 

今回のGPXのラインナップは

中々面白いのではないでしょうか。

 

また排気量が150~200ccというのは

タイ規格の為に日本では中途半端ではあります。

 

日本では125ccが実用性重視で

250ccからは趣味性が強くてパワフルなモデルがメインです。

 

最近はCB125RやGSX-S125等の登場で

変わってきていますが

 

125~250の間という位置づけは

高速道路を乗れて車検はいらない

250ccの経済的メリットを享受できる、熱い市場ではあります。

 

今回のGPXのラインナップ見る限り

軽い車体に単気筒の低燃費エンジンで

実用性に振っているバイクと言えます。

 

現実的にGPXの利用範囲を考えてみると

高速道路は乗れますが

単気筒シングルカムエンジンで150~200ccだと

時速100キロ時点で、7割近くのパワーを使ってしまうので

加速時、追い越し等は相当時間を要し

高速利用は厳しいでしょう。

 

現実的には通勤や買い物等の普段使い

または下道ツーリングに向いていると思います。

 

また上位モデルのGENTLEMAN200ですら

160キロの車体に200cc単気筒エンジンだと

峠道の登りはかなり厳しいです。

 

しかもキャブレターなので高地で空燃比が変わってしまい

パワーが7割位に落ちるので、坂を上るのがやっとでしょう。

 

ただそういったネガティブ面を考慮しても

高いコストパーフォマンスがあります。

 

DEMON15GR34万円

 

またキャブレターに関しても

旧車好きな人にとっては、むしろポジティブに受け止める人も居ます。

ただタイ仕様なので日本の冬季時を、考慮してカスタムされているか不安も残ります。

日本は冬季に気温が0度まで下がってしまうので、キャブレターにヒーターを内蔵させています。

 

そうしないとアイシングをおこしてしまい、回転数が下がらなくなってしまうからです。

 

また最も懸念されるバイクの耐久性ですが

現在のタイの工場生産精度は極めて高く

日本でもホンダ、カワサキ等タイ生産で四輪車、二輪車を既に生産しており

その品質は折り紙付きです。

 

私の"KSR110"と"バルカンS"は

何と2台共にタイ製です。

 

 

ただGPXが日本企業のタイ工場と比べて、どれ位技術精度が高いのは分かりませんが

今後本格的に日本で販売されればその辺の、評判が分って来るでしょう。

 

 

▼GPXの新しい記事はこちら

タイのGPXは買いか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)