バルカンS パニアケース装着 4

さて今度はパニアケースのブラケットに干渉してしまう

フェンダーカバーをカットします。

 

前回の記事はこちら

 

 

 

こんな感じで当たってしまう訳です。

 

蛍光ペンやホワイトペン等でカットする場所を

マーキングします。

 

こんな感じでカットラインをマークします。

バルカンSのフェンダーカバーは樹脂なので

ニッパーや小型ノコギリ等で簡単にカットできます。

 

 

それではフェンダーカバーをカットしていきます。

カチッ! カチッ!

とカットしていきます。

 

まずは一ヶ所。

ステー干渉部分を無事に逃げました。

次にもう一ヶ所カットします。

よし!

こっちもステーと当たらなくなりました。

 

次はさらに最も外側のフェンダーカバーもカットします。

 

 

それではいよいよパニアケースのブラケットを

組付けていきます。

 

まずはブラケットとフェンダーカバーステーを共締めします。

 

そして一つ目のフェンダーカバーを取り付けます。

最後に外側のフェンダーカバーを取り付けて……。

 

これでパニアケースブラケットが取付完了しました。

 

いや~……中々大変だった。

 

 

続きはこちらです。

 

 

コスパ最強の全化学合成エンジンオイル

▼KSR、Z125等ストリート用

 

 

▼グロム、モンキー、カブ等

 

 

サーキットも大丈夫!高性能オイル!

▼ニンジャ250、400、650、1000等

 

 

▼CBR250、CB400SF、CB1300、CBR1000RR等

 

 

強い油膜で高温時のエンジンを強力に保護して熱ダレを防止!

スーパースポーツでのサーキット、ロングツーリング等

▼ニンジャH2等

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)