バイク ブレーキホース交換 解説 2 取り付け編

さて前後ブレーキホース、リヤフルードタンクとマスターシリンダーを繋ぐゴムホースコネクターを外しました。

 

▼ 前回の記事はこちら

バイク ブレーキホース交換 解説 1 取り外し編

 

前後ブレーキホース


ゴムホース、コネクター


フルードタンク、ダイヤフラム


 

そして今回交換する新しい部品です。

フロントブレーキホース

 

リヤブレーキホース

 

 

ゴムホース

 

コネクター

 

 

ちなみにホースバンド、ワッシャー、バンジョーボルト等は

基本的には再利用できます。

 

状態によって劣化していたら交換してください。

 

フルードタンク、ゴムホース、コネクターをバンドで組付けました。

 

そしてマスターシリンダーに取り付ける前に

Oリングの状態を確認します。

 

まずOリングを外してシリンダー部分を綺麗にします。

この時シリンダーにサビ等があれば、マスターシリンダーも交換する必要が有ります。

 

Oリングに異常が無ければ、シリコングリスを塗って

問題が無ければシリコングリスを付けて、シリンダーの奥まで入れます。

 

コネクターを奥までしっかり入り入れて

 

スナップリングを縮めながら押し入れます。

 

 

最後に必ずスナップリングの全周が、溝にはまっている事を確認します。

 

そして前後のブレーキホースを交換したので

ブレーキフルードを入れてエア抜きをします。

 

▼ ブレーキフルード交換解説はこちら

バイク ブレーキフルード交換 解説 1 フロントブレーキ偏

 

▼ エア抜きの詳しいやり方はこちら

エアが抜けない場合の対処法

 

ブレーキフルード(DOT4)を規定量まで入れます。

 

 

 

 

さてこれで前後ブレーキホースの交換が完了しました。

 

 

 

 

18年選手のKSR110、まだまだ乗れそうです。

 

ちなみに余談ですが

古いリヤフルードタンクとマスターシリンダー間の

ゴムホースコネクター劣化具合を見てみました。

 

驚いた事に全くと言っていい程、劣化していません

18年も経過したとは思えない程、良い状態をキープしています。

僅かなヒビ割れ1つもありません。

 

プラスティック製のコネクターも、予想に反して

劣化を確認する事が出来ませんでした。

という事でこの部品に関しては後10年位は余裕で持ちそうです。

 

日本の工業製品の品質は年々高くなっていますが、こういった関連部品の品質の高さは、目を見張るものが有ります。

 

 

▼ 関連記事はこちら

ブレーキ液点検窓 交換解説 

 

バイク ABS ブレーキフルード交換 1 解説編

 

ブレーキフルード 交換の重要性 徹底解説

 

キャリパー オーバーホール 解説

 

マスターシリンダー オーバーホール 解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)